喫煙することによって、ストレスやイライラの解消になるようですが、喫煙が健康を害するものであることは、一般的にもよく知られています。喫煙者はがんになりやすいというのは聞いたことがある人が多いと思いますが、喫煙はその他にも、様々な病の発症リスクを高めてしまいます。動脈硬化もそのひとつです。たばこの中に含まれるニコチンやタールが、体内にとりこまれることで交感神経の緊張を高めます。喫煙することで、血管が収縮され、血圧が上昇しやすくなります。高血圧は動脈硬化を引き起こす1つの要因であり、血管の内膜に傷をつけ、様々なダメージを与えるのです。そのため、喫煙すると、動脈硬化を促進させてしまう可能性が高くなると言えるでしょう。狭心症や心筋梗塞などの死に至る可能性の高い疾患も、動脈硬化が原因となっている場合が多く、発症率も喫煙者と非喫煙者では、喫煙者のほうが明らかに高いという報告があります。喫煙は善玉コレステロールを減少させ、血管を収縮させてしまうため、血液の流れを悪くしてしまいます。また、悪玉コレステロールを変異させる活性酸素を増加させてしまうため、どろどろの血液が血管に付着し、詰まってしまうのです。これによって高血圧を引き起こし、動脈硬化へとつながる引き金となってしまう可能性が高いです。さらに、喫煙することで一酸化炭素の血中濃度を高めてしまい、血管が傷んで硬く壊れやすくなってしまいます。喫煙はからだに良い影響を与えることはありませんので、喫煙の習慣をもっている人は早めに禁煙を心がけることをおすすめします。周囲の人が吸っているたばこの煙も、動脈硬化のリスクを高めてしまいますので注意しましょう。